ウール作品の展示会

ウール作品の展示会

牧場で刈り取った羊の毛などを使った「神戸ウールの会」による羊毛作品の展示会です。
手間暇かけて織り上げたり編み上げた、こだわりの作品の数々を見ていただきます。

 

・ポーランドのヤノフ村の絵織物
ポーランドの東北部に位置するヤノフ村に伝わる伝統的な二重織りの絵織物で、2色の経糸を張ってスティックで模様の部分をピックアップして、そこに2色の横糸を通すことで裏表どちらの面も模様が出てくる織り方です。

・ノッティング(じゅうたん織り)の共同作品

ノッティングという絨毯を織るやり方で織ったモチーフ。
大小のモチーフをつなげて作った作品です。
昔から絨毯はこのやり方で織られていました。経糸を密に張って、横糸も密にしていけばいくほど目の詰まった手触りのよい絨毯になっていきます。日本では緞通(だんつう)と言われています。

開催日 2019年11月2日(土)~11月24日(日)

※ウール作品の即売会は日祝のみの開催になります。

時間 9:00~17:00(最終日は16:00終了)
場所 六甲山Q・B・Bチーズ館展示ホール
料金 無料
出品 神戸ウールの会


 
・四季の絵織りのミニ額
春夏秋冬をイメージした織り地のミニ額です。
Translate »