六甲山牧場と神戸ウールの会

六甲山牧場と神戸ウールの会

六甲山牧場は、「神戸ウールの会」の協力によって色々なウールイベントの開催や技術指導を受けています。

「神戸市民の財産である六甲山牧場の羊の毛を活用しよう、これを使って何かを創り出そう!それが文化だ!」 と、六甲山牧場からの提唱があり、1985年11月牧場主催の第1回羊毛講習会が開かれ497人の応募がありました。第2回羊毛講習会は、1987年3月にが開催され、応募者は前回より11人多い508人となり、前回同様、日・水・木曜コース各20人が受講されました。
「神戸ウールの会」は、ウールに親しみ、理解し。ウールの手紡ぎ、草木染等を通じてウール文化の高揚に寄与するとともに、会員相互の親睦を計ることを目的とし、第1回講習会受講生35人により1987年2月に発足し現在にいたっています。

 

ウールの会のメンバーの方から、様々な指導をしていただいています。

手織り

六甲山牧場には大型の手織り機が5台あり、その織機を使って「神戸ウールの会」の方が織られています。

 
神戸ウールの会のブログはこちら
Translate »